上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top

    今日は茉奈 佳奈のお2人が芝公園で開催される「第5回 ふれ愛まつりだ、芝地区!」の「ジ・アース&ピース コンサート」に出演されるということで、ついでにあちこちと足を運んでみました。


    まずは、先月OAされたTBSラジオ「高樹千佳子のハイブリッドな週末 」でプリウスをドライブして行かれた、日本橋の「にほんばし島根館」へ。


    てるブロ-にほんばし島根館


    入口では、只今絶賛上映中の映画「RAILWAYS」からこの方がデハニ50形とともに出迎えてくれました。


    てるブロ-RAILWAYSのPOP


    出雲蕎麦からはじまってバラエティ豊かな島根の名産品を眺めながら、たくさんのお客さまで賑わう店内を奥へ奥へと進んでいくと、なんとこのお2人の姿が。


    てるブロ-100605_122340.jpg


    なんとお2人のサイン入りポスターに遭遇しました。4月23日の「ハイブリッドな週末」ロケの時にサインされたものかと思えば、しっかり「Mother」の発売日(4月21日)にあわせて送られてきたとか。(たしかに、日付も4月20日になってます。)


    店内には他にも6月19日(土)公開の映画「瞬 またたき 」のポスターが多数貼られていました。出雲でロケ されたこの作品、「がんばっていきまっしょい」「船を降りたら彼女の島」「解夏」「雨鱒の川」など美しい風景の映像を撮られる磯村一路監督の新作、先日の「RAILWAYS」に続いてぜひ見てみたいと思ってます。


    すぐお隣りの島根料理店「主水(もんど)」の出雲蕎麦に後ろ髪をひかれつつ…


    てるブロ-島根料理 主水


    お江戸日本橋を渡って、てくてくと八重洲へ。「和歌山てらこや」のイベントが開催中の八重洲ブックセンターで、8階のギャラリーで開催の「マナカナ熊野古道と和歌山の鉄道写真展」を見に行きました。


    てるブロ-和歌山てらこや


    入口正面の奥に見えるのが書画家・田中太山さんの書画展 、そして入口を入って右側が「マナカナ熊野古道と和歌山の鉄道写真展」でした。今回は茉奈さんの作品16点+佳奈さんの作品16点の計32点を展示。風景を収めた作品はそれぞれ3点、2点と少なく、お互いを撮った作品を中心に展示されていました。茉奈さんが撮られた佳奈さん、一瞬をとらえた無防備な表情はどれも表情豊かで魅力的で、ついつい見入ってしまいます。(佳奈さんが撮った茉奈さん、不思議とカメラを構えた姿が多いような…。)


    中央のテーブルにノートがありましたので、簡単に感想を書き残してきました。6月末まで1ケ月間の開催ですので、ぜひまた機会を見つけて見に行きたいと思います。


    そろそろここらで腹ごしらえということで、JRのガードをくぐって丸の内側、東京国際フォーラム向かいの地下へ。「つるとんたん」の長蛇の行列を横目に向かった店は、「宮崎地鶏炭火焼 車」の丸の内店(HP /ぐるなび )。


    てるブロ-宮崎地鶏炭火焼 車 丸の内店


    店頭では、宮崎といえばのこの方が“ようこそ宮崎へ!!”と笑顔で出迎えてくれました。


    てるブロ-東国原 宮崎県知事


    最近鶏さんに目覚めたらしい茉奈さんが、お友達と一緒に宮崎地鶏を食べに行ったお店 の支店。お目当ては、茉奈佳奈バンドのキーボード担当鈴木けいこさんも絶賛 の“名物もも炭火焼”。


    てるブロ-名物もも炭火焼


    ちょっと固いかと思うほどシコシコと噛みごたえのある、弾力たっぷりのもも肉に、炭火焼の香ばしい風味、一味や山椒をちょっとかけて食べるとたしかに絶品です。


    夜のメニューでは単品で980円のこの“名物もも炭火焼”が、週末の土・日のみ限定のランチメニューでは、やはりけいこさんお薦めの“鶏たたき”やサラダ・小鉢のついた“地鶏もも炭火焼御膳”で1,300円。


    てるブロ-地鶏もも炭火焼 御膳


    なかなかお得かと思いますので、八重洲ブックセンターからも近く、もし週末に「熊野古道写真展をご覧の折にいかがでしょうか。茉奈さんが召し上がられた地頭鶏(じとっこ)地鶏 の炭火焼御膳も1,800円ですので、ご予算のある方はこちらをぜひ。


    てるブロ-地頭鶏炭火焼 御膳


    まだ少し時間があるということで日比谷公園を散策して咲き誇るバラなどを眺めたのち…


    てるブロ-日比谷公園のバラ


    「第5回 ふれ愛まつりだ、芝地区!」の会場となる芝公園へ。昨年の小雨模様とはうってかわり、強い日差しが照りつけて、木陰には気持ちいい風が吹き抜けていました。


    てるブロ-芝公園


    イベント全体の様子は早くもこちらの記事でも紹介されていました。


    MSN産経ニュース

    芝地区の祭典にで4000人がコンサートや模擬店楽しむ


    男性5人組のオペラユニットLegend さんとともにお2人が出演される夕方の「ジ・アース&ピース コンサート」、お2人の出番は16:55から。


    てるブロ-ジ・アースアンドピース コンサート


    今日のセットリストは


    1. あの素晴しい愛をもう一度

    2. 渡良瀬橋

    3. 未来へ

    4. Mother

    5. いのちの歌


    の5曲。


    茉奈佳奈バンドは(ひろしまFFライブや龍谷大ライブと同じく)ギターの古賀和憲さんとキーボードの鈴木けいこさんの2人のアコースティックな編成でしたが、リハーサルの時には問題なく出ていた古賀さんのアコギの音が、本番直前に何かの不具合で音が出なくなるというトラブル発生。急遽アコギをエレキに持ち替えて演奏されました。ぶっつけ本番だったはずですが、さほど違和感のない音でくステージを乗り切られたあたりは、さすが古賀さんです。(昨年3月のBKでのシジミボーイズライブで、俊こと東島さんのアコギの音が出なくなり急遽エレキに持ち替えて演奏がボロボロになったのがふと脳裏をよぎりました。)そんな古賀さんへ曲の合間に茉奈さんが何やら声をかけられていて、茉奈さんらしい心づかいが垣間見えたような気がしました。


    4日連続の充実したツアーリハを経たからか、お2人のボーカルが力強さを増したと感じたのは自分だけでしょうか。特に佳奈さん、感情を込めて歌っても余分な力が入って力んだり音程がブレたりすることなく、芯の強い声が美しく伸びていたように感じました。(思えば4月のミニライブあたりからその片鱗を感じていたような気がします。)また、感情表現がより豊かになったように感じて、「渡良瀬橋」でこんな表情を見せるのかと少々ドキッとしました。続くスケールアップした「未来へ」では自然に涙が溢れてきました。今日のライブを聴いて、一週間後の福生でのツアー初日がますます楽しみになりました。


    「Mother」は以前から(CDのレコーディングよりも)もう少しシンプルな編成でもっとゆったりしたテンポで聴いてみたいと思っていましたが、初めて聴いたアコースティックな「Mother」、想像通り良かったです。



    Legendの皆さんのライブで一度ステージが下がった後、「平和メッセージ」で再びステージへ登場。茉奈さんが広島市長、佳奈さんが長崎市長からの平和メッセージをそれぞれ代読されました。そして地元の小学生の合唱団と一緒に「勇気100%」を熱唱。さらにアンコールでは「いのちの歌」を、最後には観客までも交えて一緒に歌いました。

    イベント終了後はそのままステージ上で記念撮影。“みんな何年生?”などと親しげに問いかける声が聞こえてきたりして、お2人にとってきっと心に残るイベントになったことと思います。



    昨年と異なり、今年はCD販売とライブ後の握手会が無かったのが少々残念でした。そういえば、1週間後に始まるツアーではグッズ販売とあわせてCD販売と握手会はあるのでしょうか。



    【おまけ1】

    オペラユニットLegendの皆さんのブログにお2人の姿が。


    LEGEND Blog

    終了しました♪


    上の写真は「平和メッセージ」を代読した時、下の写真はイベントがすべて終わってからの記念撮影の時の写真ですね。


    LEGEND Blog

    記念撮影♪


    上の写真はライブ&「平和メッセージ」の時の衣装、下の写真は子供たちと一緒に歌った時の衣装(お揃いの緑のTシャツ)ですね。茉奈さん、なぜかマナピースが指が曲がり切ってないような…。



    【おまけ2】

    昨年 に続いて、今年も会場で姿をお見かけしたこのお方。



    てるブロ-ノッポン 弟


    茉奈さん佳奈さん以上にソックリな双子の兄弟、この赤いオーバーオールを着ているのが双子の弟だそうです。プロフィール を見れば誕生日が12月23日で身長が2m23cmと、双子であること以上にお2人とただならぬ縁を感じるのは自分だけでしょうか…。

    スポンサーサイト
    2010.06.05 Sat l ブログ l コメント (2) トラックバック (0) l top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。