上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top

    茉奈 佳奈1st LIVE TOUR「ふたりうた2010」?はじめてツアーやります!!?初日の福生ライブの余韻が未だ醒めやらぬまま、ついふらっとやってきてしまった開演4時間前の雨のZepp Nagoya。

    てるブロ-100618_145818_ed.jpg

    てるブロ-100618_151244.jpg

    搬入口には福生でも見覚えがある佳奈さん色のワゴン車が停まり、ちょうどリハーサル中なのか、中からはバンドの音が鳴り響いてました。

    てるブロ-100618_145524_ed.jpg

    福生ライブは初日の緊張感もあってか段取りどおり着実に進行したという印象でしたが、ツアー2日目の名古屋はそんな緊張感もきっととれて、初日とはまた違うライブハウスという空間でどんなステージを見せてくれるのか楽しみです。


    《6/19 8:20 追記》

    名古屋ライブから帰還しました。

    再び、開場直前の雨のZepp Nagoya。

    てるブロ-雨のZepp Nagoya

    入場を待ちわびた皆さんの列が長く伸びていました。

    てるブロ-Zep Nagoya.jpg

    てるブロ-行列

    小雨になったかと思えば急に強い雨が降ってくるような空模様、行列して入場を待つ間に強い雨が降ってきて、自分も一旦折り畳んだ傘を慌てて開きました。


    入口でチケットを出すと同時に500円を払ってドリンクのコインを購入。コインは後ほどロビー内のドリンクのカウンターで500mlペットボトルのソフトドリンクと交換、でした。


    ロビー内には、もはや恒例(?)のお2人の手書きメッセージのポスター。“今日は雨の中本当にありがとう”と書かれているのと、“2010.6.18”と日付が入っていることから、決して福生のポスターの使いまわしでないことが分かります。


    てるブロ-ポスター


    こちらも恒例のロビー内のお花。今回はフラワースタンドは5本だったでしょうか。


    てるブロ-花


    スタンディングのフロアに椅子を入れての着席のライブ。Zepp NagoyaのHP によれば549人収容の1階の座席は、ほぼ満席だったように思います。HPによれば2階もあるようですが、はたしてどうなっていたのでしょうか。



    19:00に始まり約2時間のライブ、セットは前回の福生と全く同じだったかと思います。前回の福生は、初日の緊張感もあってか粛々と進行としていって、トークなどでは正直言って少々物足りないと感じる面もありましたが、2日目の名古屋はそんな固さもとれて、いつものお2人らしい楽しい(ユルイ?)トークが復活してました。ライブハウスという空間も手伝ってか、観客の皆さんからも活発に声が飛んで、楽しいトークになりました。(ライブハウスといえば、照明が初日に比べてカッコよかったのもライブハウスならではでしょうか。)


    歌の方も、初日の福生は緊張感からか序盤で佳奈さんの声が詰まる場面がありましたが、こちらもさすがにリラックスして、とても伸びやかに気持ちよく歌われていたように思います。序盤の、あのとても夏らしい曲なども、倍音がきれいに響くような美しいハーモニーをされていたと思います。


    バンドの皆さんも、前回は(自分の座った位置のせいか)“ちょっとギターが主張しすぎかなあ”と感じたりしてましたが、こちらも熟成が進んだのか、とてもいい感じのアンサンブルだったと感じます。ギターの古賀さんにしてもキーボードのけいこさんにしても、そしてサポートに徹しられてますがドラムの小島さんもベースの金川さんも、皆さんほんとに演奏が上手だなあと感じました。そういえば、バンドマスターのけいこさんが、ライブ中のバンドメンバー紹介時の参考にと皆さんの“好きな映画”“好きな食べ物”“好きな言葉”などのアンケートをとられたそうですが、あろうことか(楽屋に?)忘れてきたとか。福岡以降のライブで集計結果が披露されるかもしれません。



    中盤の、観客と一緒に歌って盛り上がるあの曲は、“一緒に歌う練習しましょう”ということでまず演奏前に一緒に歌う練習をして、そのまま演奏へと流れ込む形に変わってました。茉奈さんのブログにもありましたが、セットこそ変わらないものの、良くなるように少しずつ工夫を重ねているようです。島根で千秋楽を迎える頃にはどんな風に進化しているのでしょう。


    その皆さんで盛り上がる曲、茉奈さんが歌い出しの1番の歌詞が完全に飛んでしまって歌い出せず、もう1度曲の頭から演奏し直すというハプニング。今までに数え切れないくらいライブで歌われた曲のはずなのに…、そんなまさにライブならではのハプニングも楽しいですね。



    少し気がかりなのは、中盤から終盤にかけて茉奈さんの声が出にくくなって詰まる場面が見られたこと。特に終盤にはアコースティックで聴かせる曲やアンコール1曲目には5分以上の大曲などがあって、歌うのが辛そうに感じられる場面がありました。一時的なものであれば良いのですが、中一日での福岡ライブ、何の影響もなくいつもどおりに歌えることを祈ってます。



    ライブが終わって座席でアンケートを書いていたら、隣の席に座っていた女性が友達とあの曲が良かったこの曲も良かったとライブの曲を振り返りながら、不意に感動が蘇ってきたのか思わず感極まって涙されている様子。自分もちょっと感動してしまいました。


    さすがに福岡まではついふらっと見に行けませんし、京都はすでにSold Out。次は赤坂BLITZになりそうですが、何度ライブを拝見しても常にそんな新鮮な気持ちを大切にしていたいと感じました。



    【おまけ1】

    ギターの古賀さんのツイッターに、ステージの雰囲気が分かるいい感じの写真が出てました。


    Twitter - 古賀和憲

    今からサウンドチェック! ●エレキ-sadowsk ...


    そして、打ち上げの鶏さんの写真もいい感じです。


    Twitter - 古賀和憲

    久々な手羽先!呑んだぁ?酔ぅたぁ・・・な件 htt ...


    それにしても、名古屋日帰りのはずが手羽先打ち上げのために急遽泊まり決定って、古賀さん、新婚さんなのに大丈夫なのでしょうか…?



    そして、キーボードのけいこさんのブログにもステージの雰囲気がわかる写真が。


    おけいこ日記@This Time ON LINE

    ツアー二日目


    そしてもれなく鶏さんの写真も。


    おけいこ日記@This Time ON LINE

    手羽先



    【おまけ2】

    東京(赤坂BLITZ)と島根のライブにはマナカナ兄こと村松崇継さんがゲスト出演とのことで、キーボードが2人となりますが、どんなステージとなるのでしょう。今から楽しみです。

    村松崇継 オフィシャルウェブサイト

    コンサート


    明日の福岡まできっと福生と同じセットリストでしょうが、7/3の京都あたりからセットリストにも変更があったりするのでしょうか。

    スポンサーサイト
    2010.06.18 Fri l ブログ l コメント (0) トラックバック (0) l top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。