上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top

    宮崎あおいさん、大竹しのぶさんの主演でつい先日公開されたばかりの映画「オカンの嫁入り 」、そして佐藤アツヒロさん、香寿たつきさん、三倉佳奈さんらによって間もなく初日の幕が開く舞台「さくら色 オカンの嫁入り 」。その原作となった咲乃月音さんの小説「さくら色 オカンの嫁入り」の続編「ゆうやけ色 オカンの嫁入り・その後」が9月7日(火)に発売となりました。


    アマゾンで予約しておいたものが昨日の発売日にあわせて届きましたので、さっそく読んでみました。


    てるブロ-ゆうやけ色 オカンの嫁入り・その後


    前作の「さくら色 オカンの嫁入り」と同様、関西弁で書かれた文体は心地よくて、あっという間に読み終えてしまいました。


    ネタばれになりますのであまり詳しくは書けませんが…、前作同様に月子の視点で書かれ、オカンとの残り少ない日々を大切に過ごしながらも、センセイや捨て男や突然現れた捨て男の母たちのとふれあいの中で自分を見つめ、未来に向かって踏み出してゆく月子の姿が描かれてます。そして愛犬ハチの視点で描かれた番外編という名のエピローグ、なんとも切ない、です。


    自然に生き物に食べ物、咲乃月音さんの観察力と表現力は素晴らしいですね。この関西弁の文体、例えば三倉佳奈さんのような、月子と同年代の女性による朗読を聞いてみたいような気がします。


    それにしても、原作ではセンセイの設定は45歳、映画の國村隼さんのイメージで読むと、月子との年齢差の大きさにちょっと違和感を覚えます。



    すでに「さくら色 オカンの嫁入り」を読み終えられた方は、ぜひ。


    ゆうやけ色 オカンの嫁入り・その後 (宝島社文庫) (宝島社文庫 C さ 3-2)/咲乃 月音
    ¥480
    Amazon.co.jp


    ところで、舞台「さくら色 オカンの嫁入り」の脚本を書かれた赤澤ムックさんのインタービュー記事が掲載されてました。



    CINRA.NET -インタビュー:

    『さくら色 オカンの嫁入り』脚本・赤澤ムックインタビュー



    咲乃月音さんの原作をもとにどんな脚本を仕上げられたのか、舞台初日がますます楽しみになりました。




    【おまけ1】

    三倉茉奈さん佳奈さんが先月8月に演じられた舞台「ハンナとハンナ」、John Retallack氏の書かれた原作本〔洋書〕が(このところの円高の影響なのか)アマゾンで急激に値下がりしています。40ページほどの薄い本ですので、現在在庫切れですがご興味のある方はぜひ。


    Hannah and Hanna (French’s Acting Editions)/John Retallack
    ¥723
    Amazon.co.jp

    ちなみに自分が昨年6月に購入した時は\1,634(税別)でしたので、実に半額以下になってます。


    今すぐ手に入れたい方は、現在在庫のあるこちらを。Hannah and Hannaを含む4作品を収録したこちらの本も、5月の記事 の頃に比べると500円以上も大幅に値下がりしています。


    Company of Angels: Four Plays by John Retallack.../John Retallack
    ¥1,377
    Amazon.co.jp


    【おまけ2】

    富良野GROUPの舞台「オンディーヌを求めて」のページが更新されましたが、“最大の見どころは、3パターン用意されたラストシーン”“舞台上にいる本人たちにも、その瞬間まで結果は明かされない”とはいったい…。


    富良野GROUP

    オンディーヌを求めて


    ということは、ラストシーンの脚本は3通り用意されていて、各公演でどの脚本を演じるかは出演者の茉奈さん佳奈さんも知らず、舞台上で観客と一緒にオーディションの結果を知ってそれに応じた脚本を演じることになる、のでしょうか…?


    つまり、3通りのラストシーン全てを見るためには、少なくとも3回の観劇が必要、となるのでしょうか…??

    スポンサーサイト
    2010.09.08 Wed l ブログ l コメント (6) トラックバック (0) l top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。