上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top

    9月16日(木)の初日に続き、舞台「さくら色 オカンの嫁入り」を観に新宿の紀伊國屋サザンシアターへ行ってきました。


    てるブロ-紀伊國屋サザンシアター


    新宿タカシマヤとの連絡通路の左に見える窓あたりがちょうど紀伊國屋サザンシアターでしょうか。


    てるブロ-当日券あり


    今日も開演1時間前から当日券を販売中。客席の入りは、13:00からのマチネが7割程度、18:00からのソワレは6割程度だったでしょうか。14列と15列の間の通路から後ろはかなりまとまって空席となっていて、前方もところどころ空席が目立ってちょっと寂しい気がしました。


    昨日は朝から三倉佳奈さんが舞台告知のために姉の茉奈さんとともにテレビ朝日の「使える!アイデアハウス」に出演されてましたが、せっかく映画「オカンの嫁入り」と同時期の上演にもかかわらず、告知もメディアでの扱いも今一つ不十分のように感じます。


    てるブロ-花


    狭いロビーも初日のようにごった返しておらず、開演まで時間があったので会場のお花の数を数えてみれば、三倉佳奈さんへのお花の数が一番多くて大小あわせて10本。二番目に多いのが香寿たつきさんが5本ですから、突出して多いようです。いつもながら、一緒にお仕事させていただいた皆さんに愛される、お2人の人柄をうかがわせるような気がします。


    今回も、そしていつもお2人に花を贈ってくださるタレントのホリさんが客席に見えていたようで、終演後エレベーターの前で佳奈さんのマネージャーのIさんと親しげに会話されている姿をお見かけしました。




    初日は後方からの観劇でしたが、今回は2列目・3列目からの観劇。舞台上の役者さん達の表情や衣装・小道具など手に取るように見えました。ただ、舞台上に座ったり横たわったりして低い位置で演じるシーンも多いので、後方で見た時よりも前列の方の頭が意外に気になりました。5列目から床の傾斜が始まるようですので、5列目あたりでの観劇がいいのかもしれません。下手側で芝居が進行することが多いので、(特にハチをじっくり観たい方などは)下手側の席での観劇がお薦めかもしれません。


    公演3日目となり、初日の頃の緊張感もとれて。皆さんリラックスして演技されているように感じました。初日に感じた単調さを感じることなく、作品の中に引き込まれていきました。


    サク婆の正司花江さん、初日から登場するだけで舞台上の空気が変わり笑いをとってましたが、今回も相手との間合いをはかりながら次々にアドリブを繰り出しては、さかんに笑いを誘っていました。確実に笑いがとれる、この作品に欠かせないキャストですね。(舞台の開演前や終演後に、お客さまがいるにもかかわらずよく気軽に姿を見せられます。)


    間近に見る陽子役の香寿たつきさん、違和感をまったく感じさせない自然な関西弁で、原作のイメージどおりの明るくて若くて美しい陽子を魅力的に演じられてました。そんな明るい陽子が二幕終盤で心の内を見せるシーン、何度見ても涙を誘います。


    研二の祖父役のすまけいさん、数年前に患った脳梗塞で麻痺が残る体で舞台を務められてますが、さすがの存在感で芝居をされてます。二幕で研二に宛てた手紙を朗読するシーン、何度見ても感動します。


    松下洸平さん演じるハチは走る姿などがますます犬らしくなってきて、それだけでなく、シーンの繋ぎで出てくるハチのモノローグにも感動しました。初日からの数公演の間にも、ハチの進化を感じました。


    そして月子役の三倉佳奈さん、連続テレビ小説「だんだん」を見ながら毎日佳奈さんの芝居に食い入るように見入っていた頃の感覚が蘇ってきました。実年齢に近く関西弁の月子、その心境や感情の変化をコミカルなシーンも含めてとてもイキイキと演じられていて、役者・三倉佳奈の魅力が最大限に感じられる役であり作品のように思います。


    【おまけ】

    昼の部と夜の間にはちょっとおやつを買いに阿佐ヶ谷まで。


    てるブロ-はらドーナッツ


    はらドーナッツで、映画「おかんの嫁入り」とのコラボレーションのドーナッツを購入してみました。


    てるブロ-はらドーナッツ


    “月子”“陽子”“ハチ”をモチーフにした3種類のドーナッツが期間限定で販売されてますが、一番楽しみだった和栗と竹炭を使った“月子”のドーナッツがこの日は材料が入荷しなかったとかで品切れ。仕方なく“陽子”“ハチ”と普通のはらドーナッツを購入して、夜の部開演前のおやつにいただきました。


    グレープフルーツ味の“陽子”のドーナッツは柑橘系のさっぱりとした味で、お薦めです。はちみつ+カボス味の“ハチ”のドーナッツは…、自分にはちょっと微妙な味でした。“月子”のドーナッツ、販売期間が終了する前ぜひ食べてみたいと思います。はらドーナッツの店舗が近くにある方は、ぜひ。

    スポンサーサイト
    2010.09.19 Sun l ブログ l コメント (2) トラックバック (0) l top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。