上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top

    舞台「さくら色 オカンの嫁入り」の大阪公演も3日後に迫って、舞台「さくら色 オカンの嫁入り」の公式サイトの公式グッズのページににDVD発売情報がようやく掲載されました。



    舞台『さくら色 オカンの嫁入り』公式サイト

    公式グッズ



    東京千秋楽のカーテンコールでの挨拶でキャストの皆さんも触れていましたが、このDVDの売れ行きが好調で、舞台「さくら色 オカンの嫁入り」の東京・大阪以外の地方公演や続編(「ゆうやけ色 オカンの嫁入り・その後」)の舞台化などへと繋がることを願ってます。



    DVDの収録日については9月22日・9月24日など諸説あるようで、確認のためDVD発売元の(株)シーエイティープロデュースへ問い合わせてみたところ、DVDの収録日は今回は公開していません、と回答がありました。商業演劇作品の映像化・商品化に家庭用ビデオカメラ1台での収録は考えにくいですので、おそらくは22日の2回公演をベースにDVDを制作して、24日はきっと何か別な用途の撮影ではないでしょうか。(家庭用ビデオカメラ1台での撮影は、残念ながら映像化されなかった昨年秋の舞台「だんだん」の会場でも見かけました。)


    特定の出演者の特定の公演日の演技をとりあげて、DVDの購入を躊躇させるようなブログ記事も見られるようで残念ですが…。


    自分は当該公演を観ていませんのでどんなに酷い公演だったのかは分かりませんが、自分が観た公演でも、出演者の台詞がすんなり出てこなかったり、うまくサンダルを履けなかったりボールをキャッチできなかったり、サングラスが客席へ飛んでしまったり、などなど小さなハプニングがありました。舞台作品は生き物ですので、気持ちのこもった芝居の中で時には台詞が飛んだり噛んでしまったり、大小のハプニングはつきもの。そんなハプニングやアドリブを取りこんで、一公演一公演その都度舞台上で演じられた芝居、語られた台詞は常に“正しい”のであって、舞台上にはハプニングはあっても“間違い”は存在しないようにも思えます。(うっかり楽屋履きのサンダルのままステージに出てしまうような明らかに集中力を欠いたミスはともかく、ですが。)


    最後に、自分が観た三倉佳奈さん演じる月ちゃんですが…。東京公演千秋楽後に更新されたブログ では“実は、役作りや稽古で立ち止まることもたくさんありました。”“月子のこと、本番が始まって発見したことも多かったです。”などと書かれていましたが、そこはやはり向上心の強い佳奈さんのこと。大阪出身で実年齢に近い月ちゃんとはいえど、月ちゃんが負った心の傷を理解し表現することはきっと容易ではなくて、稽古ではいろいろと試行錯誤されたことと思います。しかしそこは真面目で努力家の佳奈さんらしく稽古期間の中ですっかり迷いも解消しキッチリ役作りを完成されて初日の舞台に臨まれて、すでに初日の時点から月ちゃんの感情の変化をとても細やかに丁寧に演じて、かなり完成度の高い月ちゃんを演じられていたと感じます。公演を重ねるにつれて初日の硬さもとれ他の出演者との間合いもますます良くなって、11日間14公演の東京公演を通じて新たな発見こそあっても新たな迷いが生じたり佳奈さんの芝居そのものが後退したりすることは考えにくく…。収録日がいつであれ、DVDの中でも必ずや佳奈さんらしい見ごたえのある芝居を再び見せてくれると信じて、早々に注文済みのDVDの到着を大いに期待して待ちたいと思います。(期待して裏切られたと感じるよりも、あまり期待しないで逆に裏切られたと感じる方が幸せ、かも知れませんが…。)



    【おまけ】

    こちらの舞台「さくら色 オカンの嫁入り」のセット裏側の写真、月ちゃんもよく出入りする襖の裏側あたりでしょうか。


    TV LIFE 松下洸平イラストブログ「絵心伝心」

    今日から嫁入り


    画像の隅には、捨て男とオカンの重要な小道具(!?)の姿もちらりと。

    スポンサーサイト
    2010.10.06 Wed l ブログ l コメント (4) トラックバック (0) l top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。