上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top

    三倉佳奈さんが舞台「さくら色 オカンの嫁入り」にご出演決定ということで先日入手した原作の咲乃月音さん「さくら色 オカンの嫁入り」、入手して間もなく一気に読み終えてしまい、名古屋へ往復の中でじっくりと2度目を読み終えました。


    てるブロ-さくら色 オカンの嫁入り


    関西弁で書かれた文体はまるで佳奈さんが書かれたブログやなうの文章を読んでいるようでとても心地よく、ストーリー展開に引き込まれるうちに、あっという間に読み切ってしまい、そして終盤では涙なみだ…。


    月ちゃんこと月子の愛犬ハチのしぐさや、捨て男こと研ちゃんの作る料理の数々、雨の音や月の光りまで、咲乃月音さんの鋭い観察力とそれに基づいた五感に訴えかけるような描写は、思わず情景や音、香りなどが目に浮かぶよう。登場人物の間に交わされる会話はとても自然で、そのまま舞台上で交わされる台詞が聞こえてくるようです。



    この原作を赤澤ムック さんが脚色されてどんな脚本が仕上がるのか、今から楽しみです。



    さくら色 オカンの嫁入り (宝島社文庫)/咲乃 月音
    ¥480
    Amazon.co.jp

    オカンの嫁入り/咲乃月音
    ¥1,000
    Amazon.co.jp


    ちなみに、この作品が最初に発表されたニフティのココログ小説でも読むことができるようです。


    ココログ小説

    オカンの嫁入り


    出版にあたって改訂されているようですので、このネット版の「オカンの嫁入り」と文庫版の「さくら色 オカンの嫁入り」では異なる部分があるのかもしれません。



    チケットぴあ にこの舞台のキャストが掲載されてました。


    服部研二(捨て男) … 佐藤アツヒロ
    森井陽子(オカン) … 香寿たつき
    森井月子(月ちゃん) … 三倉佳奈
    愛犬ハチ … 松下洸平
    上野サク(サク婆) … 正司花江
    服部幸造(研二の祖父) … すまけい

    村上 章(センセイ) … ???


    このキャストを見て気になる点


    ◆ 小説では月ちゃんの一人称で書かれた母と娘の物語、舞台化にあたっては服部研二(捨て男)役の佐藤アツヒロさんがクレジット順で一番目ですが、舞台では捨て男を主役とした物語として描かれるのでしょうか?


    ◆ 小説では月ちゃんの歳の離れた恋人として登場し、映画化にあたっては國村準さんが演じるセンセイこと村上章役、まだキャスティングが決まらないのでしょうか? それとも、捨て男主役の舞台版にはそもそも登場しないのでしょうか?(月ちゃんとセンセイの恋愛劇も楽しみなのですが。)


    ◆ 月ちゃんの愛犬ハチ、映画では当然ながら動物タレントの犬が演じていますが、舞台化にあたってはなんと人間の松下洸平さんが演じられる様子。この松下洸平さん演じるハチと月ちゃん・捨て男との絡みがはたしてどんなふうになるのか想像がつかず、楽しみです。


    先行予約でしっかりチケットを入手したいと思います。


    スポンサーサイト
    2010.06.19 Sat l ブログ l コメント (0) トラックバック (0) l top

    コメント

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://teruburo.blog50.fc2.com/tb.php/128-bf81f6e5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。