上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top

    OSAKA演博2010 TACT/FESTにて上演される、三倉茉奈さん、佳奈さん主演の二人劇「ハンナとハンナ」を観に、大阪のシアターBRAVA!へ。

    てるブロ-シアターBRAVA!

    外の掲示板では、お2人のサイン&メッセージ入りのポスターが出迎えてくれました。

    てるブロ-ハンナ ポスター

    ロビーにはいつもながら数々のお花が。さすがお2人の地元、大阪です。

    てるブロ-花


    今回の「ハンナとハンナ」の上演はシアターBRAVA!の通常の客席は使わずに、舞台上に舞台と客席を組む“舞台上舞台”形式での上演。観客はチケットを切って入場した後いったん通常の客席で待機し、整理番号順に呼ばれて階段を昇り舞台上に組まれた客席につきます。

    てるブロ-舞台上舞台1


    終演後の舞台上舞台の客席。(慌てて撮ったのでピンボケ)


    てるブロ-舞台上舞台2


    14:00からと19:00からの2公演を拝見しましたが、舞台上に組まれた座席は板張りのベンチで座り心地も悪く、休憩なしで90分間の舞台を観るには少々つらいものがありました。それよりもなによりも、舞台が客席最前列と同じ高さにあり、客席の傾斜の角度がゆるいので、前の席に座っている人の頭が邪魔になって舞台上が見えないシーンが多く、特にお2人が座って(横になって)演じる場面ではお2人の姿は全く見えずに台詞しか聞こえてきませんでした。小劇場的な空間を演出したくて“舞台上舞台”形式での上演を選択されたのでしょうが、本来は至近距離で見えるはずの出演者の表情が見えないシーンも多く、フラストレーションが溜まりました。本来シアターBRAVA!から客席がステージがとても見やすいホールだけに、とても残念です。


    お2人の芝居については東京公演を残してネタばれになりますので詳しくは書けませんが、昨年せんがわ劇場で観たドラマ・リーディングに比べて手持ちの本の制約がなくなり躍動感を増して、まさにスケールアップしたステージでした。昨年は佳奈さん演じるイギリスのハンナの強烈なインパクトが記憶に残りましたが、今年は茉奈さん演じるコソボのハンナの芯の強さが印象に残りました。それぞれハンナ以外の役との演じ分けも進化しているような気がします。お2人が歌う劇中曲の数々、そしてお2人のダンスシーンも素敵でした。それにしても、お2人ともほとんど舞台袖に下がることもなく90分間出ずっぱりりの舞台、あの膨大な量の台詞をどうやって覚えるのでしょう…。


    見逃してしまったシーン、10日後に迫った池袋・あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)での東京公演でじっくりと拝見したいと思います。




    「ハンナとハンナ」の前には、12:30から上演の「ひつじ」を観劇。


    てるブロ-ひつじ ポスター


    シアターBRAVA!の搬入口のシャッターが開いたすぐ外に設置されたステージ(=柵)で演じられるこの作品、出演者の見事なひつじへの成りきりぶりに、大笑いでした。(あまりのリアルさにびっくりした子供たちは逃げまどい、大泣きでした。 笑)


    てるブロ-ひつじ 舞台


    ひつじの毛刈りシーンや、


    てるブロ-ひつじ1


    ひつじの搾乳シーンなど、


    てるブロ-ひつじ2


    皆さん臆せずパシパシと写真を撮られていたので、自分も一緒になって写真を撮っていたら、退場するひつじの群れの向こうでケータイを高く掲げて写メを撮っている方はコソボ避難民のハンナさんになぜかよく似ているような…。(よほど気に入られたのかこのあと17:30からの回もご覧になったようですが、2回目はしっかり撮れたでしょうか。)


    てるブロ-ひつじ3


    8月1日に開催されたらしこの「ひつじ」のワークショップ、どのようにしてあんな風にひつじに成りきるのか、ぜひ見てみたかった、です。



    こちらはOSAKA演博2010 TACT/FESTの本会場となる旭区民センター。


    てるブロ-旭区民センター


    会場周辺にはたくさんののぼりが立ち、ポスターもたくさん貼られて、雰囲気も盛り上がってます。


    てるブロ-旭区民センター2


    こちらの会場では朝の10:00からの「エコア」、


    てるブロ-エコア ポスター


    そして午後の16:30からの「ベトナム水上人形劇」の2作品を観ましたが、どの作品も小さなお子さんたちの姿が目立ちます。とくに「エコア」は2人のパーカッショニストと2人のダンサーが織りなす、ストーリーがあるようなないような抽象的なパフォーマンスでしたが、楽しいシーンではキャッキャと無邪気に笑う子供たちの感性の豊かさが印象的でした。


    このような世界中からの素晴らしい作品を信じられないほどお手頃な料金で見ることができるフェスティバル、とても羨ましいかぎり。今年は大阪を含めて3都市での開催ですが、将来的には他の都市でもより大きな規模で開催されることを願います。



    そして再び「ハンナとハンナ」閉演後の夜のシアターBRAVA!。


    てるブロ-夜のシアターBRAVA!1

    てるブロ-夜のシアターBRAVA!


    大阪の夜は日が沈んでもまだまだ蒸し暑く、ぐったりでした。


    19:00からの回、2回目のカーテンコールの後に観客の手拍子に応じて3回目のカーテンコールがあり、ぜひ再び大阪で「ハンナとハンナ」を上演したいようなことを語られてましたが、ぜひ来年のOSAKA演博2011 TACT/FESTで実現することを願ってます。



    【おまけ1】

    19:00からの「ハンナとハンナ」では茉奈佳奈バンドのギターの古賀さんとベースのぼんちゃんさんの姿をお見かけしましたが、大阪公演の初日をご覧になったドラムスの小島さん、そして古賀さんのブログに次々と「ハンナとハンナ」の感想が。


    こじんまりブログ

    アメブロはじめて7ヶ月


    kazunori koga official web site

    ハンナとハンナ


    小島さんの“チキュウニウマレテヨカッタ?”には思わずナットク、でしょうか。


    【おまけ2】

    終演後に立ち寄った、舞台「さくら色 オカンの嫁入り」の大阪公演の(そしておそらくは大千秋楽の)会場となるサンケイホールブリーゼ。


    てるブロ-ブリーゼブリーゼ

    てるブロ-サンケイホールブリーゼ


    ホワイエは白を基調としていますが、ホール内は黒を基調としているようですね。美しい会場に、期待感も高まります。


    そしてロビーの片隅には、まさかまだ置かれてないだろうと思っていた舞台「さくら色 オカンの嫁入り」の大阪公演のチラシが早くも置かれていました。


    てるブロ-オカ嫁 チラシ



    【おまけ3】

    涼をとるために立ち寄ったスーパーで見かけた、三倉家御用達の旭食品さんの“旭ポンズ”。鰹のたたきや(やはり三倉家御用達の)鱧の隣にも並んでました。


    てるブロ-旭ポンズ


    関東で買うよりも200円近く安かったので、思わず衝動買いしてしまいましたが、関西ではいつもこのような値段で手に入るのでしょうか。


    ちなみにこちらは、「ハンナとハンナ」東京公演の会場となるあうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)と同じライズシティ池袋内にある大丸ピーコックで見かけた旭ポンズ、784円です。


    てるブロ-旭ポンズ

    スポンサーサイト
    2010.08.04 Wed l ブログ l コメント (2) トラックバック (0) l top

    コメント

    1 ■無題
    T-E-R-Uさん、大阪お疲れ様でした。個人的にもふたりのハンナさんの生き様、しっかり堪能してしまいました。

    舞台上舞台、自分の席からはそれなりに見えたのですけれど。確かにハンナさんが横になる場面ではお姿がほとんど見えませんでした。座席によっては全く見えなくなる人もけっこうおられたのでしょうか。確かに座席の斜度は足りなかった?のかもしれないですね・・・。あでもやっぱり十分間近で観られまして失礼して満喫してしまいました。

    ひつじやバンドメンバーさんのブログのご紹介、いつもながらだんだんです。おふたりの演技、やっぱりすごい、のでしょうか。すごい、ですよね・・・。
    2010.08.05 Thu l メビタス. URL l 編集
    2 ■Re:無題
    >メビタスさん

    コメントありがとうございます。

    舞台上舞台の客席は、きっと席によって見え方が全然違うのでしょうね。舞台が客席より高くなっていないので、客席の斜度が少ない分、後ろの端の方の席ではお2人の姿が見えないシーンが多々ありました。池袋は3公演とも良席ですので、気を取り直してこちらでじっくり拝見したいと思います。

    ストーリーと演技に引き込まれて見入ってしまいますが、冷静に考えると、膨大な量の台詞に加えて歌に踊りにと、やっぱり“すごい”ですよね。でも、8/3の2公演の間でも進化を感じたシーンもありましたし、ステージを重ねるたびにもっともっと良くなるような予感もあります。あらためて東京公演が楽しみ、です。
    2010.08.05 Thu l T-E-R-U. URL l 編集

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://teruburo.blog50.fc2.com/tb.php/147-4618f23d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。