上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- -- l スポンサー広告 l top

    昨晩はさっさと仕事を投げ出して早目に切り上げて、ヤマハ銀座店へコンポーザーピアニスト村松崇継さんのインストアライブヤマハクラビノーバCVPスペシャルライブ 村松崇継『Piano Sings』 を見に行ってきました。


    てるブロ-yamaha2

    およそ40分ほどのライブ、昨日のセットリストは、


    1. Feel The World (ピアノ・ソロ)

    2. The Magic Is Gone (ドラムのみの伴奏で)

    3. 彼方の光 (ピアノ・ソロ)

    4. No Other Love (ラテンポップ風の伴奏で)

    5. 金色のコルダ のテーマ (ピアノ・ソロ)

    6. Departure (クラビノーバ・バージョン?)


    の6曲でした。


    村松さんが今回演奏された楽器は、いつものグランドピアノではなく、こちらのヤマハの電子ピアノ・クラビノーバ

    YAMAHA/ヤマハ 電子ピアノ CVP-509PE ( CVP509PE )/CVP509PE
    ¥599,000
    Amazon.co.jp

    通常のピアノ・ソロとして演奏された「Feel The World」「彼方の光」「金色のコルダのテーマ」の3曲、さすがにグランドピアノに比べると特に低音域で音がこもるような印象を受けましたが、中高音域はさほど違和感なく自然に聴くことができました。


    そしてクラビノーバの特長の一つはスタイル演奏 と呼ばれる多彩な伴奏機能。スタイルを選ぶだけで、自動的に楽器やリズム、コード等を選んで伴奏をつけてくれるようです。「The Magic Is Gone」をドラムのリズムを付けて演奏された後、「彼方の光」のメロディの一部をアイルランド風やラテン風などのスタイルで弾いてみせてくれました。また、自身の恋愛観を込めたという「No Other Love」は情熱的な?ラテンポップ風の伴奏で演奏されました。


    ただ、今回のライブに備えて同機種のクラビノーバが事前に村松さんのご自宅に送られてきたそうですが、あまりに多忙で殆ど触れる時間もないまま、本番30分前に操作方法を教えてもらって付け焼刃で本番に臨まれたとか。多彩な機能を30分でマスターするのはさすがに不可能だったらしく、その都度設定を変更するのに四苦八苦。いざ演奏を開始したら思わぬ音が鳴ってしまい、慌てる様子が笑いを誘ってました。そしてついには通常のピアノ音に戻せなくなり、ギブアップしてスタッフにヘルプを求める始末…。


    村松さんの代表曲である「Departure」、クラビノーバ・バージョン?と称してアルバム「Piano Sings」に収録されたものとは少々異なるアレンジで聴かせてくれました。通常のグランドピアノでの演奏とはまた趣が違った、ある意味貴重なライブでした。


    演奏終了後には、お疲れにもかかわらずCD/楽譜を購入された皆さんを対象にサインをされていました。


    てるブロ-yamaha.jpg


    村松さんは4月4日(日)よりテレビ東京系で始まるアニメ『ひめチェン!おとぎちっくアイドル リルぷりっ』 の劇伴の仕事に追われていたそうで、ご自身のブログ でも語られていたとおり、2日間ほど殆ど寝ていなかったとか。


    開演時刻の18:00にヤマハ銀座店1階の会場に登場された村松さん、顔色も悪く一目で寝不足とわかる腫れた目をされてました。少々虚ろな感じでトークにもさすがにいつもの自虐トークのような切れ味?はなく、演奏も「彼方の光」や「Departure」など村松さんを代表するような曲ですら村松さんらしからぬミスタッチがあってさすがに精彩なく感じました。


    今までどちらかというと映画「クライマーズ・ハイ」 などの“社会派”と呼ばれる作品の劇伴を数々手がけられてきた村松さん、小学生以下の女の子を対象としたアニメの劇伴は初めてでかなり不慣れらしく、(デコレーションされた携帯のように)もっとキラキラと“デコって”くださいとのクライアントの注文に苦戦されていたそうで、度々書き直しを余儀なくされていたようです。

    そんな中で、ちょうど昨日北千住のTheatre 1010でトライアウト公演を迎え、天王洲銀河劇場での3月19日(金)の初日を1週間後に控えた新作ミュージカル「金色のコルダ」 、今回のライブでピアノ・ソロとして演奏された「金色のコルダのテーマ」も舞台上で歌われるともっともっと素晴らしいそうで、まだチケットも少し残ってますのでぜひ天王洲へ足を運んでくださいとしきりに宣伝されていました。

    スポンサーサイト
    2010.03.13 Sat l ブログ l コメント (0) トラックバック (0) l top

    コメント

    コメントの投稿












    トラックバック

    トラックバック URL
    http://teruburo.blog50.fc2.com/tb.php/59-e30160e2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。